ライスフォース『ディープモイスチュアローション』の500円モニター

ライスフォースの特徴

ライスフォースの特徴となってくるのが、やはり「ライスパワーエキス」です。昔から肌にいいと言われてきたお米の力に着目し、研究開発されたのがライスパワーエキスです。白米を原料に独自の技術でお米のエキスを抽出し、そのエキスに麹菌や酵母、乳酸菌を加えて、90日間という長い時間をかけて発酵・熟成させてようやくライスパワーエキスが生まれます。
化学物質を含まない100%お米からできた成分なので安心・安全ですし、発酵条件の組み合わせによってさまざまな種類のライスパワーエキスが生成されます。ライスフォースではその効果・効能にあわせてNo.(ナンバー)がつけられています。
ちなみに、現在ライスパワーエキスとしてNo.(ナンバー)がつけられているものとしては、以下のものが挙げられます。

No.11:水分保持能の改善
No.6:皮脂分泌の抑制
No.1:肌の健全化
No.2:肌の保護・清浄
No.3:肌の洗浄・保湿
No.7:カサカサ肌を健全化
No.10:清浄成分
No.23:肌を保護し透明感を高める
No.1-E:髪と地肌の健全化

また、ライスフォースでは肌への優しさも追求しています。

・無香料
・無着色
・石油系界面活性剤不使用
・動物性原料不使用
・弱酸性
・アレルギー累積刺激テスト済み

すべての方にアレルギー反応が起こらないというわけではないものの、肌への優しさを追求しているので初めての方でも安心して試すことができます。

ライスフォースで期待できる効果

では、ライスフォースではどのような効果が期待できるのでしょうか?ライスフォースで期待できる効果というのは、ライスパワーNo.11エキスによる効果と言い換えてもいいでしょう。ライスパワーNo.11エキスは先でも挙げましたように水分保持能を改善してくれる有効成分で、医薬部外品です。乾燥肌や超乾燥肌の方におすすめできる成分です。
具体的には以下のような効果が期待できます

有効成分が肌の奥まで届いて潤い効果を働かせる

ライスパワーNo.11エキスは独自の発酵技術で細かく分解されているので、一般的な保湿剤と比べると分子がとても小さいです。そのため、肌の奥の角質層にぐんぐん浸透していき、潤い効果を働かせてくれるのです。

水分保持能改善効果で肌が自ら潤う

ライスパワーNo.11エキスは肌に水分を与えてくれるだけではなく、肌が自ら潤う力を育んでくれます。肌の水分量というのは温度や湿度によっても変化するのですが、ライスパワーNo.11エキスの水分保持能改善効果によって常に肌が高い水分量を保てるようになります。結果的に肌自らが潤うようになり、キメも整い、ふっくらとしたみずみずしい肌へと変わっていきます。

肌の質がより良い状態へと改善される

ライスフォースでは、水分保持能の低下から始まる水分不足が肌トラブルにつながってくると考えています。ライスパワーNo.11エキスの水分保持能改善効果によって肌本来の潤う力を高めて外部からの刺激や紫外線、乾燥などの影響を受けにくくして、肌本来の状態を取り戻していくことができます。

ライスフォースの使い方

ライスフォースシリーズにはいろいろなアイテムがあるのですが、今回はライスフォース30日セットに含まれているアイテムの使い方を具体的にご紹介していきたいと思います。

ライスフォースディープモイスチュアローション(薬用保湿化粧水)

洗顔後、お肌にたっぷりと潤いを届けてくれるライスフォースディープモイスチュアローションを使います。使用量の目安は500円玉大で、浸透しやすくなるように手のひらでローションを温めてから顔全体に馴染ませていきます。
馴染ませて終わりではなく、馴染ませた後にはハンドプレスでしっかりと浸透させていきましょう。乾燥が気になるところがあれば、重ね付けをしてみてください。手のひらに肌が吸い付くような感覚になってきたら、潤いが行き渡ったサインです。

ライスフォースの副作用について

ライスフォースディープモイスチュアローションは薬用保湿化粧水、ライスフォースディープモイスチュアエッセンスは薬用保湿美容液、ライスフォースディープモイスチュアクリームは薬用保湿クリーム、ライスフォースプレミアムパーフェクトクリームは薬用湿潤クリームとそれぞれ「薬用」という言葉がついています。そのため、「薬と同じ効果があるの?」と疑問に思っている方もいるかもしれません。

結論から言ってしまうと、「薬用」という言葉がついているからといって薬と同じ効果があるわけではありません。ライスフォースのような薬用化粧品は医薬部外品と同じで、あくまでも厚生労働省が認めた効果や効能に有効な成分が配合されているだけです。通常の化粧品よりは高い効果が期待できますが、その効果は医薬品には満たないのです。

そして、そもそも副作用というのは医薬品に対して使われる表現になります。そのため、医薬品ではないライスフォースにおいて副作用の心配はないのです。ただし、化粧品ですので肌に合う合わないという問題は出てくるかと思います。この場合、副作用ではなく、あくまでも相性の問題と言えるでしょう。

基本的にライスフォースに使われている成分というのは厳選されており、安全性も高いです。それでも敏感肌の方だと安全性の高い成分でも反応してしまうことがありますので、パッチテストで問題がないことを確認した上で使うようにしていきましょう。

ライスフォース『ディープモイスチュアローション』モニター申し込みはこちら!